基本的な診療能力から専門的な研修まで。医療人としてのベースが手に入る。

■ 当院での研修の特徴

多摩北部医療センターは人口約75万人を有する東京都北多摩北部地域の地域医療支援病院であり、まさに地域医療の最前線として機能している病院です。病床数こそ340床前後と中規模ですが、内科は循環器内科・消化器内科・腎臓内科・内分泌代謝内科・血液内科・リウマチ膠原病科・神経内科と豊富に内科系各診療科が揃っており、診療内容では大規模病院にも引けを取らないと自負しています。当院はこれまでも後期研修医を採用してきましたが、平成30年度からの新専門医制度においては内科の基幹病院として1学年4名を採用する方針で日本専門医機構に申請しています。研修の詳細は研修プログラムに譲りますが、基本的には当院で2年間そして連携病院で1年間研修する予定であり、これにより豊富且つ充分な症例を経験できます。確実に総合内科専門医を取得する事を考えたプログラムですが、循環器内科と呼吸器内科はその診療に特化した病院とも連携を組んでおり、サブスペシャリティを考えた研修にも対応しています。加えて当院はほとんど全ての内科系サブスペシャルティ学会の認定研修施設であり、将来循環器・呼吸器内科以外のサブスペシャルティでの連動研修も考慮しています。

■プログラムの概要

プログラム名

多摩北部医療センター施設群内科 東京医師アカデミー専門研修プログラム

取得可能資格

日本内科学会 総合内科専門医

プログラム年数

3年

施設群連携施設名

基幹連携

公益財団法人東京都保健医療公社 多摩北部医療センター

東京都立 多摩総合医療センター

公立昭和病院

公益財団法人結核予防会 複十字病院

公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院

公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院

独立行政法人国立病院機構 東京病院

特別連携施設群

島しょ等診療所

利島村国民健康保険診療所

新島村国民健康保険本村診療所

新島村国民健康保険式根島診療所

東京都神津島村国民健康保険直営診療所

三宅村国民健康保険直営中央診療所

御蔵島村国民健康保険直営御蔵島診療所

青ヶ島村国民健康保険青ヶ島診療所

小笠原村診療所

小笠原村母島診療所

奥多摩町国民健康保険 奥多摩病院

檜原村国民健康保険檜原診療所

東京都立松沢病院

東京都立神経病院

 

研修内容

基本はサブスペシャリティ領域に拘泥せず、内科として入院患者を順次担当します。担当医として入院から退院までの経時的な診断・治療の流れを通じて、一人一人の患者の全身状態、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践します。病歴提出を終える専門研修2~3年目の計1年間、連携施設・特別連携施設で研修を行います。

<ローテート例>

1 4-6月 7-9月 10-12月 1-3月
1年目 循環器内科 血液内科 神経内科 消化器内科
総合内科外来(初再診)、内科系もしくは循環器内科当直研修、JIMECC受講
2年目 リウマチ膠原病科 腎臓内科 呼吸器内科
(複十字病院)
内分泌代謝内科
総合内科外来(初再診)、内科系もしくは地域医療当直研修、JIMECC受講、内科専門医取得のための病歴提出準備
3年目 ER救急
(多摩総合医療センター)
多摩総合・昭和病院・榊原記念病院での
地域医療
サプスペ科(院内)
救急医療・領域で症例経験の足りないところを地域医療で重点研修。病歴作製完成、サブスペシャリティを見据えた研修
 
午前 上部消化管内視鏡検査
(見学、助手)
病棟業務
外来研修 腹部エコー
(助手、検査担当)
病棟業務
上部消化管造影検査
(助手、検査担当)
病棟業務
注腸造影検査
(助手、検査担当)
病棟業務
午後 救急外来研修
病棟業務
X線読影会

病棟業務
症例検討会
抄読会

大腸内視鏡検査
(見学、助手)
病棟業務

ERCP
(見学、助手)
病棟業務

大腸内視鏡検査
(見学、助手)
病棟業務

 

■プログラム(PDF)のダウンロード

多摩北部医療センター施設群内科
東京医師アカデミー専門研修プログラム

プログラム  研修マニュアル

 

このページのトップヘ