歯科研修医 指導体制

1.指導医との密なコミュニケーション

関しては外来始業前の病棟処置に上席医と従事するとともに、外来診療終了後に病棟での研修を行います。当科では週2回の回診、毎日始業前と夕方にカンファレンスを行っており、その日の病棟患者・初診患者に関して研修医を交えて検討し、外来・病棟と総合的に把握できるような環境を整えています。

2. 無理のない当直体制

当科では毎日オンコール体制となっていますが、研修医に関してはオンコール義務はありません。しかし在院時にコールがあった場合は、上席医とともに診察・処置にあたる場合があります。また土日の病棟管理に関しては任意で一回/月の登院となります。

3. 研修の目標

当院は日本口腔外科学会関連研修施設であるため、同学会に入会している場合は当院での研修期間は2/3として換算されます。専修医などの取得の際に加算することが可能です。

4. 研修を充実させる教育企画

院外研修施設として、往診機関での研修を7日間受けることが可能です。また院内で開催される各種勉強会などへの参加や、日本口腔外科学会・日本老年歯科医学会などへの参加も可能です。

5.「口腔外科に軸に一般歯科診療まで多岐にわたる臨床現場の経験」

口腔外科に軸を置き、さらに一般歯科診療まで多岐にわたる臨床現場を経験してもらいます。1年間という研修期間の中でこれだけ広い範囲を習得することは不可能であり、限られた範囲での経験となってしまう可能性もあります。しかし歯科医師としての第一歩をこのような環境で踏み出すことで、今後の進路決定や考え方に大きな糧となる研修となっています。

このページのトップヘ