今、高齢化の中で歯科医師に何が求められているかが理解できる。

総合病院の中での歯科口腔外科は、
もちろん口腔外科疾患に対する治療が主軸となりますが、
口腔外科領域だけでなく補綴や保存処理の
知識・技術も求められる事が特徴です。
総合病院では、病院へ来る患者さんや他科の先生からは、
口腔外科の歯科医師は口腔外科疾患に対する処置はもちろん、
一般的な歯科診療まで確実に行えることが当たり前と考えられます。
つまり口腔から顎顔面部領域まで包括的に診断・治療ができるのが
口腔外科の歯科医師であると見られるわけです。

さらに、当院へ来院される患者さんは0歳から100歳以上までと幅広く、
当然のことながら様々な基礎疾患を有する症例が多くを占めます。
つまり、他疾患を理解し、それらに対する対応をしながら、
口腔から顎顔面部領域の包括的診断、治療を行うこととなります。

そこまで成就するには多くの努力と、時間と、経験が必要になります。
残念ながら当科での研修期間は1年間であり、
これからの歯科医師人生のほんの一瞬にしか当たらない期間です。

しかし症例が多い中、歯科臨床研修医は1名ですので、
いくらでも勉強できます。
本人のやる気次第で2年後の成長は如何にもなることができます。
本気で勉強したい人には抜群の環境だと思います。

外来診療では見学・診療補助から始まり、
応急処置、初期治療、治療計画に基づいた加療までと
知識と技量に応じてステップをしていきます。
病棟では患者管理、処方・検査指示など
コメディカルとの連携の中で、
より患者さんに近い距離での経験を積んでもらいます。
手術室では見学や助手として参加していただきます。
研修医としてだけでなく、
歯科口腔外科チームの一員としての活動を期待します。

これから歯科医師には何が求められるのか、
2年間を通してきっと理解することができる研修になります。

歯科口腔外科初期臨床研修 プログラム責任者
歯科口腔外科医長
潮田 高志
略歴
1999年
東京歯科大学卒
1999年
4月 東京歯科大学 市川総合病院 歯科口腔外科研修医
2001年
東京歯科大学 オーラルメディシン・口腔外科講座 病院助手
2002年
4月 国立病院機構東京医療センター 口腔外科レジデント
2003年
東京歯科大学 オーラルメディシン・口腔外科講座 病院助手
2004年
医療法人鳳生会会成田病院 歯科口腔外科医長
2005年
東京歯科大学 オーラルメディシン・口腔外科講座 病院助手
2007年
9月 公益財団法人東京都保健医療公社多摩北部医療センター歯科口腔外科医員
2010年
4月 公益財団法人東京都保健医療公社多摩北部医療センター歯科口腔外科医長
資格
日本口腔外科学会認定口腔外科専門医 歯学博士
このページのトップヘ