総合病院で歯科口腔外科医が求められることを基礎から応用・実践まで。

■ 多摩北部医療センター初期臨床研修プログラム

研修プログラムの特徴及び概要

基本的な一般歯科治療を履修すると同時に、病院における口腔外科及び様々な有病者への対応方法を学ぶことを目的とする。つまり、様々な症例に対し現症と様々な背景を理解した上で分析・診断・情報取集を行い、最終的に適切な処置方針を立案し実践する能力を身につけることに重点を置いている。その他に口腔ケア・摂食嚥下など、他科との連携のもと病院内での歯科医師の職務を経験・習得する。

臨床研修病院群の構成

当センターを単独型病院として、下記協力施設と共同して研修を実施する。

臨床研修協力施設
  1. 竹の子歯科医院

研修目標

歯科医療の高度化に伴い学生に対しては、より細分化した分野別の教育がされております。結果として卒業直後に持っている知識は、口腔局所に関する事項が多くを占めていると考えられます。しかし、口腔への加療は全身の一器官への加療ということは言うまでもなく、全身状態の評価なくしての歯科口腔外科的加療は存在しません。当院初期研修においては、基本的な一般歯科治療を習得すると同時に、口腔外科や歯科治療の背景に存在する全身疾患の知識とそれらに対する対応を学ぶことに重点を置きます。つまり様々な全身疾患の知識を得るとともに、それらに症例に対する情報収集から対処、適正なカルテ記載、治療計画の立案、そして治療まで行える知識と技術を、実際に症例を通じて習得することになります。

また医療が成立するには知識や技術だけでなく、多職種の協力や患者側からの信頼を得ること、そして何より自身の向上心を維持していくことが大切であることを認識することが大きな目標となります。

研修内容

<基本習得>

症例に対する適切な診断、治療計画を立案できるようになるための基本的な知識・技術と、それら周術期管理に必要な知識を身に着けることを目標とします。 また患者接遇に必要な医療人としてのマナーも育成していきます。

<応用および実践>

基本的知識・技術の習得後、実際の症例に対して治療計画・周術期管理・治療行為を行います。症例は個々の能力により選択します。
手技は口腔外科治療を中心に、補綴治療、保存治療まで範囲とするとともに、入院・手術症例においては周術期管理のみではなく第二助手としての技術習得を目指します。

このページのトップヘ