多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

連携医制度のご案内

当院は、地域の医療の向上に寄与するため、地域医療機関との密接な連携のもとに開放型病院として運営しています。開放型病院としての機能を発揮するために、当院では連携医制度を設け、共同診療、検査機器の共同利用、医療従事者向けの研修会などを行っています。

連携医になるには

原則として、連携医として登録できる医師・歯科医師は、当院の地域医療連携システムに関する協定を締結している医師会・歯科医師会の会員であることが要件になっています。

連携医の主なメリット

共同診療
入院患者さんの共同診療の場合、開放型病院共同指導料(Ⅰ)(350点)が算定できます。また、退院の際に退院後の療養上必要な指導を共同で行った場合は、退院時共同指導料1(在宅療養支援診療所は1,000点、それ以外は600点)が算定できます。
優先的な予約取得
連携医の先生からの外来予約を優先的に取得します。
※但し、常勤医師が在籍している診療科のみとなります。
研修会・講演会のご案内
当院で開催する研修会・講演会にご参加頂けます。ご案内は随時発行いたします。
検査機器の共同利用
検査や治療に必要な当院の検査機器をご利用になれます。また、ご依頼に応じてCT・MRI等の検査・診断を行い、結果をご紹介元へお返し致します。
院内施設利用
図書室等の院内施設の利用及び紹介患者さんのカルテ閲覧が可能です。

連携医登録手続き

  1. 登録を希望される方は、「連携医申込書」に必要事項をご記入のうえ、所属の医師会・歯科医師会へ申請して頂きます。
    ※申込書は所属医師会・歯科医師会に常備してあります。
    ※申請費用及び年会費等は一切かかりません。
  2. 当院で受理後、連携医登録の手続きを行い、「連携医証」を発行させて頂きます。
    ※一度、登録されますと辞退の申し出がない限り、連携医の資格は継続されます。