平成30年度 多摩北部医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 947 238 102 158 342 450 987 1859 1698 391
急性期病院として、365日救急医療を行い、各診療科の専門性を持った医師が地域の皆様の診療にあたっています。
当院の特性として、専門的な診療の他、五疾病や生活習慣病を始めとする様々な疾患に対応できる総合的な診療基盤を充実させており、乳幼児から高齢者まで、全ての年齢層に対応できる医療に積極的に取り組んでおります。
70歳代以上の患者さんが全体の半数を占めておりますが、当院の前身が老人医療センターであることから高齢者ケアに経験のある職員が多く勤務しており、認知症対策には認知症ケア認定看護師や研修を受けた職員がかかわるなど、高齢者を支える医療体制の整備を図っています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
リウマチ膠原病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 13.57 15.58 7.14 69.61
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 18.15 20.92 46.15 81.54
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし 13 8.85 11.8 7.69 83.46
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12 10.75 12.58 0 78
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 10 6.9 15.9 0 76.4
関節リウマチを含む膠原病・自己免疫疾患とその合併症の診療をします。当科は北多摩北部医療圏で数少ない膠原病専門病床を有し、最新で専門的な診療を行っています。膠原病・自己免疫疾患は多臓器に障害が及ぶ疾患であり、臓器別にこだわらず全身の精査と治療を行います。
関節リウマチについては寛解を目標に、生物学的製剤やJAK阻害剤などの最新の治療薬を取り入れながら、積極的な治療を行います。その他の膠原病・自己免疫疾患についても免疫抑制薬の投与により、副腎皮質ホルモン剤のみに頼らない診療を行っています。
不明熱、原因不明の関節炎などについて、院内はもとより地域から広く患者を受け入れています。関節穿刺や筋生検、皮膚生検などを積極的に行い、患者さんのかかえる問題の特定と解決にスピード感をもって取り組んでいます。
内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 15 12.93 14.27 0 65.47
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 14 13.86 15.14 0 71.21
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 9 16.44 13.5 0 50.56
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 9 12 13.9 0 54.33
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 19.17 20.92 16.67 84.33
生活習慣病と言われる糖尿病・脂質異常症などの代謝性疾患、視床下部下垂体・副腎・甲状腺・副甲状腺などの内分泌疾患の診療をしています。
症例の多くを占める糖尿病の場合、高齢になるにつれ合併症も多くなるため、当院内で横断的な診療を担ったり、肺炎を始めとした合併症症例に対応します。
糖尿病においては、急性期対応だけでなく、教育入院や定期的な糖尿病講習会・教室を行い、同時に療養指導チームが患者さんの生活向上をサポートしています。
専門外来に「糖尿病療養指導外来」や「フットケア外来」を設け、より集約的な医療を提供しています。
当科は地域とのつながりを重視しており、地域の医療機関との連携に加え、「青葉会」(患者友の会)の活動支援なども行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 145 3.75 3.01 7.59 70.68
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 4.1 4.47 0 71.54
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 19.5 17.66 16.18 80.93
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 36 20.61 19.58 11.11 83.06
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 14.56 12.52 4 69.56
心筋梗塞、心不全、狭心症、動脈硬化症などの循環器疾患全般の診療をしています。
心疾患は救急医療の多くを占めており、早期且つ的確な診断・治療が求められます。
心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈インターベンション治療などを積極的に実施し、地域の循環器救急医療の一翼を担っています。
また、東京都CCUネットワークにも加盟しており、より強固な循環器救急診療体制の基盤を確立しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 11.48 8.75 0 72.96
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 15.59 12.05 0 69.45
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 20 13.3 12.58 5 76.9
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 16.93 20.92 0 79.93
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 9 36.89 21.4 0 75.56
腎臓内科では、慢性腎臓病・急性腎障害・原発性および続発性糸球体疾患(ネフローゼ症候群等)および水電解質代謝異常症などに対する診療を行っています。
慢性腎臓病に対しては、生活習慣の改善や食事療法・運動療法を指導した後、併存する疾患も含めた薬物療法を行います。高齢の患者さんは併存疾患も多く、身体状況に応じた診療を行っています。地域のかかりつけ医と連携を取りながら、必要に応じて当院でバスキュラーアクセスを作製して、腎代替療法(血液透析療法等)を開始します。
上記に加えて、急性腎障害の診療にも力を入れており、救急要請に対しては可能な限り応じています。
原発性および続発性糸球体疾患は、腎生検による病理組織学的評価を要するため、当科が中心となって診療を行っています。
遺伝性疾患である常染色体優性多発性嚢胞腎に対するトルバプタン療法や、低ナトリウム血症に対する内分泌学的評価など、腎臓内科の専門性を発揮しながら診療を行っております。
30年度は、89種類の診断群(DPCコード)の症例を取り扱いました。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 133 2.56 2.67 0 68.49
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 10.56 10.08 6.38 80.32
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 5.5 11.79 7.69 76.65
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 23 13.04 8.52 4.35 77.35
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病あり 21 4.38 3.94 4.76 74.57
消化器疾患全般に対して、検査や手術も含めた多岐に渡る診療を行っています。
症例数の多い膵臓の疾患に関しては、EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引生検法)という最新の技術を取り入れ、膵臓の腫瘍に対する迅速かつ正確な診断と治療を行っています。膵臓疾患に関しては専門外来を設置しています。
上部・下部内視鏡検査や、内視鏡下での手術に際し、高度な技術を必要とするESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)やEMR(内視鏡的粘膜切除術)などを積極的に選択し、加えて胆管や胆道の結石などの疾患に対する検査や手術も積極的に行っています。
当科の平均在院日数が全国平均と比較し短期間である一つの理由が低侵襲内視鏡下手術を積極的に採用している点であると説明できます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 38 22.87 16.16 42.11 68.5
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 37 19.89 16.18 27.03 68.22
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 21.57 20.92 20 82.43
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 7.25 7.28 8.33 51.25
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16 6.75 5.1 0 76.94
脳梗塞に対する急性期治療を主として診療しています。
高齢者に多くみられる、脳梗塞の後遺症による誤嚥性肺炎に対してリハビリテーション科と連携した治療を行っています。
脳卒中治療は時間との戦いです。当院では、発症早期から医師、看護師、療法士が協力して集中的な治療を行い、後遺症を最小限に食い止めることに尽力しています。また、脳卒中ネットワークによる地域との連携により、退院後も生活向上に向けた取り組みを強く推進しています。
脳梗塞以外にも、めまい、てんかん、パーキンソン病、認知症などの診療にも力を入れています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 24 46.88 40.13 12.5 60.29
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 22 8.82 10.62 0 75.86
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 21 23.05 16.17 4.76 74.95
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 15 22.93 32.36 0 69
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 10.8 15.42 0 80.2
白血病や悪性リンパ腫といった、造血障害や血液悪性腫瘍を専門的に治療しています。
特に急性白血病や骨髄異形成症候群などに力を入れています。検査による的確な診断により疾患を確定し、その後の治療に繋げていきます。
化学療法や輸血療法を中心とし、治癒または寛解を目指した治療にあたっています。
30年度は、118種類の診断群(DPCコード)の症例を取り扱いました。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 79 5.2 4.96 0 71.06
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 42 3.95 4.41 0 60.98
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 31 3.74 2.67 3.23 74.32
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 28 5.86 6.52 0 56.96
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 26 2 6.7 0 71.27
外科では、外科と消化器外科と協同し、当直体制を確保しており、急患の受け入れや、緊急手術に休日も含め昼夜問わず対応しています。
救急医療に対応しているため診療範囲は広く、30年度実績では143種類の診断群(DPCコード)の症例を取り扱いました。
悪性腫瘍および良性疾患、腹部救急疾患(急性腹症)、ヘルニア、乳腺や甲状腺などの疾患が上位の症例です。
消化器癌や乳癌に対する化学療法も行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 33 3.58 4.33 0 71.79
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 7.24 7.3 0 61.21
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 27 5.07 5.49 0 38.7
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 23 4.26 4.41 0 61.43
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 22 5.64 6.78 0 41.41
消化器疾患全般に対して、検査や手術も含めた多岐に渡る診療を行っています。
30年度は155種類の診断群(DPCコード)の症例を取り扱いました。
腹腔鏡下で行う胆嚢摘出術、消化管内の悪性腫瘍切除手術(開腹のもの)、悪性腫瘍切除後の化学療法などを主に治療しています。
侵襲性の高い開腹手術を施行する症例は、当科の平均在院日数が全国平均より長くなる傾向がありますが、高齢者の入院率の高い当院では避けられない状況です。術後の早期リハビリの開始や栄養指導など他科との連携をさらに深める事で、高齢者の在院日数短縮を実現させます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 10.33 9.69 14.29 83.29
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 8 40.38 18.72 75 74.75
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 6.17 7.07 0 77.17
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 4.67 7.35 16.67 76.67
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 3 59.33 16.98 33.33 63
水頭症、頭部外傷、非外傷性の血腫、脳腫瘍と頭部全般にわたり、診断、手術、薬物、放射治療などの診療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 74 28.8 26.3 62.16 83.57
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 45 4.78 5.68 2.22 60.24
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 43 27.26 24.26 0 77.21
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 24 3.54 6.07 0 40.83
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 23 28.39 27.71 0 63.65
四肢の骨折や外傷、膝靭帯・半月板損傷などのスポーツ外傷、変形性関節症などを中心に診療しています。
股関節大腿近位骨折に対し、早期離床、早期リハビリテーションを開始し、地域連携パスにより、地域の医療機関・医療施設との協同サポート体制を構築しています。
肩、肘、膝のスポーツ外傷に関しては、専門的な知識を持つ医師が関節鏡を用いた高度な手術を行っています。
変形性関節症に対して、骨切り術、人工関節置換術などの手術を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 20 6.05 8.98 0 66.9
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 11 8.45 12.51 0 68
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 1 3 11.89 0 21
入院適応となる重度の帯状疱疹や、急性膿皮症などを扱っています。
褥瘡(じょくそう)対策チームを中心として、長期にわたる入院や褥瘡発症リスクが高い患者さんに対して専門的な皮膚のケアを行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 75 2.97 2.53 0 73.41
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 5.86 7.2 2.86 78.4
110080xx9907xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 22 4.05 4.18 0 71.82
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 20 4.7 5.62 0 67.7
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 19 6.21 8.65 0 74.37
尿路生殖器疾患全般に対する診断及び治療を行っています。
膀胱がんに対し、手術治療、放射線治療及び化学療法を行っています。
前立腺がんに対しては、PSA検査や前立腺針生検などによる確定診断を行い、リスク群分類に応じて手術、放射線治療、化学療法、内分泌治療などを行います。放射線治療では、密封小線源治療を導入しています。
腹腔鏡下における手術等も数多く実施しており、低侵襲治療を常に心がけています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 43 3.09 3.2 0 41.37
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 33 12.24 12.58 0 57.82
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 26 4.19 4.85 0 54.35
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 20 10.85 9.87 0 48.25
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 19 10.05 10.16 0 49.32
婦人科腫瘍に対する手術と化学療法を軸に、初期病変から進行・再発がんまで、診断と治療を一貫して行います。
卵巣がんや子宮がん、子宮頸がんに対する手術は高度な技術を要する症例を数多く取り扱っています。低侵襲手術で、術後の早期回復と退院が期待できます。
子宮頚部初期病変に対しては精査を行い、病変に応じた手術を行っています。若年者に対しては、以後の妊娠への影響を考慮した術式やCO2レーザーを選択しています。
子宮の良性腫瘍に関しても、病態に応じて適切な治療を選択し、早い日常生活への復帰を目指しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 563 1 2.84 0 76.35
020200xx99x2xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等22あり 72 1 2.47 0 79.17
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 手術なし 手術・処置等22あり 43 1 2.73 0 64.74
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2あり 35 1 2.52 0 75.06
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 7 1 3.2 0 70
眼科一般の診療を行っており、特に白内障、緑内障、糖尿病性網膜症、黄斑変性などの疾患を多く扱っています。
加齢性黄斑変性、網膜静脈閉塞症や糖尿病黄斑症に対し、アイリーア硝子体注入を実施し治療にあたっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 188 4.67 6.19 2.13 1.32
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 115 5.23 6.62 0 3.87
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 109 2.03 2.04 0 9.71
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 92 3.2 5.42 1.09 2.87
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 5.55 5.71 1.67 3.12
北多摩北部保健医療圏を中心とした小児科全般の診療を担っています。
神経疾患・療育、アレルギー、腎疾患、内分泌・代謝疾患、睡眠障害などの専門的治療も行っており、北多摩北部保健医療圏以外からも多くの受診があります。
小児の肺炎、喘息といった呼吸器疾患、ウイルス性腸炎といった感染症などを中心に、地域の診療機関と連携を密にしながら、24時間365日受け入れ体制を整えて診療にあたっています。小児の専門的な疾患に関しては耳鼻咽喉科と連携し診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 4 2 3 19 47 37 1 7
大腸癌 7 19 37 94 101 75 1 7
乳癌 17 34 5 8 4 5 1 7
肺癌 0 0 0 1 2 0 1 7
肝癌 1 0 0 2 24 7 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
悪性腫瘍を全般的に診療を行っておりますが、5大がんの中では胃癌、大腸癌および乳癌を多く取り扱っています。
上表のがんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという指標で、Stageが進むにつれて治療方法を適宜選択する必要があります。当院では早期(StageⅠ)から、進行した(StageⅣ)症例に対して幅広く対応しており、内視鏡的治療、腹腔鏡下手術などの低侵襲治療、化学療法や放射線治療を取り入れた集学的治療に力を入れています。また、患者さんのQOL向上のためにがん診療に対する専門的資格を取得した医師、看護師、薬剤師、栄養士、リハビリテーション技師などが協働した緩和ケアを実践しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 16.27 61.45
中等症 72 18.69 78.10
重症 32 20.06 86.63
超重症 12 23.75 87.50
不明 0 0.00 0.00
成人市中肺炎は、入院後に発症したものを除いた、肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎が主たる病名になるものを指します(15歳未満は除外)。
重症度を測る、A-DROPという手法を用いて肺炎患者様の重症度を区分しております。
当院は、平均年齢が高くなるにつれ、重症度があがる傾向があります。中等から超重症において、およそは20日前後で退院に向かいますが、併存症の治療や日常生活に復帰するためのリハビリが必要になる症例では在院日数が増えることがあります。
加齢による免疫力の低下から、肺炎の進行が速く、重症化に繋がっていると推測されます。
高齢の患者さんは併存する疾患も多いことから、治療も多少ですが時間がかかる傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 159 26.62 74.82 32.8
その他 30 25.27 78.03 7.94
脳梗塞に関しては発症から3日以内の症例が多くなっています。
神経内科、リハビリテーション科、看護部、薬剤科が中心となったチームが発症早期から集中的治療を行い、半数以上の患者さんは退院後、安定した日常生活をおくっています。
重症者に対しては、血栓溶解療法も積極的に実施し、必要に応じ血管内治療を連携施設へ依頼することもあります。
当院退院後も、脳卒中地域連携パスの利用、地域の医療機関や医療施設との密な連携で、近隣の回復期リハビリテーション病院やリハビリテーション施設で一連の治療が継続します。
退院後に患者さんの容体に変化があれば、当院が緊急受け入れをする体制が構築されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 90 1.87 2.7 2.22 71.56
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 1.04 2.48 4.35 73.83
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 20 0.05 12.55 0 69.75
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 15 0.13 8.93 0 65.47
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 15 4.8 12.53 6.67 81.8
心不全や狭心症、急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術をはじめカテーテルによる血管内治療手術を多く取り扱っております。
患者さんの高齢化に伴い併存疾患が増加し、若年層の病態とは異なる細心の診療が望まれること、複数の疾患に対し並行して治療を行う必要があることから、在院日数が全国平均より長くなった症例があります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 37 4.57 10.3 0 70.3
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 26 0.08 0.96 0 76.69
K654 内視鏡的消化管止血術 3 5.33 30.67 33.33 80
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 3 1.67 18 0 86
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(肩,股,膝) 1 0 74 100 84
腎臓内科では末期腎臓病に対する腎代替療法のためのアクセス手術を行っていますが、特に血液透析療法のためのVA(バスキュラーアクセス)は基本的に自施設内で作製しています。また、昨年から超音波下のシャント血管形成術を開始し、順調に症例数を増やしています。今後はVAにおいても、地域の中核施設としての機能を担っていく予定です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 135 0.34 1.24 0 69.65
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 86 3.16 10.19 11.63 80.52
K654 内視鏡的消化管止血術 24 1.67 14.79 12.5 77.83
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 1.55 10.64 4.55 77.32
K6851 内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴うもの) 20 2.1 5.65 0 78.05
内視鏡下手術を中心に、様々な消化器疾患に対する手術治療を行っています。
大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術、胆管・胆道疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術を多く取り扱っています。
消化管止血術など高い緊急性を要するような症例にも対応しています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 8 4.13 18.5 0 73.38
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 2 55 22.5 0 78.5
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 1 31 18 0 73
K331 鼻腔粘膜焼灼術 1 14 7 0 85
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 1 2 75 0 70
悪性リンパ腫に対して、リンパ節摘出術を行います。
摘出されたリンパは鑑別のために生検を行い、確定診断を得てその後の治療方針の決定に役立てます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 50 0.62 3.78 0 68.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 1.93 4.51 0 59.44
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 34 0.68 2.03 2.94 74.88
K6335 鼠径ヘルニア手術 31 0.74 3.16 0 75.42
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 18 0.44 3.56 0 37
胃や大腸の悪性腫瘍に対する手術、急性虫垂炎や腹膜炎、腸閉塞などの腹部救急疾患(急性腹症)に対する手術、乳癌や甲状腺癌に対する手術などを行っています。
胆石症やヘルニア、大腸癌に対する内視鏡的手術、腹腔鏡下手術など、低侵襲手術を積極的に取り入れています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 59 2.37 5.29 0 61.39
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.59 3.48 0 38.7
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 17 10.88 19.71 0 81.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 16 2.5 13.63 0 69.38
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 14 3.29 14.64 0 68.21
腹腔鏡を使用した低侵襲手術ではいずれも全国平均よりも短期間で退院に至っています。
施行数上位の手術の対象者が若年層、中年層など60歳代以下が多いことも短期間での退院実績に影響しています。
当科は、腹腔鏡下で行う胆嚢摘出術、消化管内の悪性腫瘍切除手術(開腹のもの)、悪性腫瘍切除後の化学療法などを主に治療しており、開腹手術適応となった症例では全国平均よりも在院日数が長くなるケースがありました。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 1.8 8.4 15 83
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 4 3.25 33.75 75 73
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 3 14.67 53.67 0 63
外傷性の慢性硬膜下血腫に対する穿孔血腫洗浄術を行っておりました。現在は、近隣医療機関と連携し、対応しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 70 3.63 21.24 47.14 80.7
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 47 3.11 23.19 0 76.15
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 39 1 1.64 0 50.92
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 30 1.83 6.4 0 67.7
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 28 5.79 26.07 67.86 80.32
骨折観血的手術(上腕、大腿、四肢全般など)を始め、大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術などの四肢骨折の手術を施行しました。
変形性膝関節症に対する手術を行っており、人工関節置換術(膝)を45件、高位脛骨骨切り術を27件施行しました。
スポーツ整形外科の専門医による、膝の靭帯や半月板の損傷に対する関節鏡下での低侵襲手術を行っており、関節鏡視下靭帯断裂形成手術(前十字靭帯)を15件、その他の膝関節鏡視下手術(半月板縫合術、切除術など)を18件施行しました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 45 1.42 4.62 0 79.09
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 20 1.45 2.25 0 67.7
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 17 1 4.35 0 73.59
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 0.86 2.36 0 66.79
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 12 1.17 2.67 8.33 71.33
膀胱・前立腺・腎・尿管など、尿路生殖器の悪性腫瘍に対し、開腹手術から腹腔鏡を用いた手術までを行っています。
悪性腫瘍切除手術以外にも、尿路結石や膀胱結石、腎摘出や膀胱瘻造設なども行っています。
患者さんの病態を考慮し、早期に日常生活に戻れるように低侵襲の術式を選択しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 0.97 1 0 41.88
K879 子宮悪性腫瘍手術 32 1.25 10.38 0 58.59
K877 子宮全摘術 26 1.23 8.73 0 50.65
K861 子宮内膜掻爬術 16 0.5 1 0 46.63
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 16 1.19 8.38 0 45.00
女性生殖器に関わる悪性腫瘍に対する手術を多く取り扱っています。
罹患者の若年化が著しい子宮頸がんですが、当院では妊孕性を考慮した子宮頚部切除術(円錐切除術)を実施するなど、患者さんの術後の生活を大切に考えた治療を選択しています。
子宮全摘術や子宮付属器悪性腫瘍手術、卵巣、卵管に関わる手術、広汎子宮全摘術、骨盤及び傍大動脈リンパ節郭清手術など、多岐にわたる手術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 560 0 0 0 76.35
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 7 0 0 0 70
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 5 0 0 0 72.4
K234 眼窩内腫瘍摘出術(表在性) 4 0 0 0 78.5
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 3 0 0 0 77.33
眼科の手術では、白内障に対する手術(水晶体再建術)がほとんどを占めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 12 0.17
180010 敗血症 同一 18 0.25
異なる 34 0.47
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 8 0.11
180040 手術・処置等の合併症 同一 31 0.43
異なる 2 0.03
手術や処置などに起因する合併症において、感染症および合併症の発生率(パーセント)を示しています。
患者さんの年齢や、主疾患の状況に左右するため合併症の発生率をゼロに止めることは難しいですが、病院一体となって改善できるよう努めています。
更新履歴
令和元年10月1日