多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

神経内科

連携担当医 神谷 信雄 

診療内容

・診察する症状:
  意識がおかしい 行動がおかしい 頭が痛い もの忘れ 見え方の問題(見えにくい、二重に見える)
  しゃべりにくい 飲みこみにくい 
  運動の問題(手足が動かしにくい、手足が勝手に動く、ふるえる、歩きにくい) けいれん しびれる 
  めまい
・診察する病気:
 * 急性期脳梗塞を中心とした脳血管障害
 * パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患
 * アルツハイマー病、レビー小体型認知症、正常圧水頭症などの認知症疾患
 * 多発性硬化症・視神経脊髄炎などの脱髄疾患
 * 髄膜炎・脳炎などの神経系感染症
 * 多発筋炎・重症筋無力症などの筋疾患
 * ギランバレー症候群・慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの末梢神経疾患
 * 頭痛・てんかんなどの機能性・発作性疾患
 * 各種遺伝性疾患、他領域疾患による神経障害
 * そのほか神経内科疾患
・検査:
 MRI/MRA、CT、核医学検査(脳血流シンチ、MIBG心筋交感神経シンチグラフィー、DATスキャン)、頚動脈超音波、脳波、末梢神経伝導検査、筋電図、髄液検査など

特色

  1. 脳梗塞急性期治療と再発予防
    脳梗塞急性期の入院治療を行っています。脳梗塞はいかに早く発見し治療を開始するかが、予後に大きくかかわってきます。また、繰り返し脳梗塞を発症する患者さんも多く、再発予防も重要なテーマです。当科では、発症早期からの診断・治療・リハビリテーション・予防を、医師・看護師・リハビリテーションスタッフがチームとして行い、後遺症を最小限にすべく尽力しております。後遺障害などでリハビリテーションの継続が必要な場合には、ソーシャルワーカーを介し転院先の調整を行います。
  2. てんかんの診断と治療
    てんかんは成人(特に高齢者)には稀ではない疾患です。診察、脳波やMRIなどの検査にて診断を行い、抗てんかん薬の調整を行います。キャリーオーバーの患者さんも多く診察しています。
  3. パーキンソン病およびその関連疾患の診断と治療
      パーキンソン病は薬でコントロールができる疾患です。また、パーキンソン症状をきたす疾患は多岐にわたります。MRI、核医学検査(SPECT、DATスキャン、MIBG心筋交感神経シンチグラフィー)も含めて精査し、診断治療に結びつけていきます。
  4. 認知症に対する早期診断
    認知症の診療(主に診断)を行います。診察、神経心理検査、血液検査、画像検査などを行い診断します。治療は地域の先生方と協力体制を築き行っていきます。

医長
神谷 信雄かみや のぶお
日本医科大学 平成10年卒業
専門分野 脳卒中、てんかん、神経内科全般
資格 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、
日本内科学会認定内科医、日本脳卒中学会脳卒中専門医、
医学博士、身体障害者福祉法第15条指定医
医長
有井 一正ありい かずまさ
日本医科大学 平成4年卒業
専門分野 神経内科全般、特に脳血管障害の診断・急性期治療とリスク管理、認知症疾患の診断とケア
資格 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、
日本内科学会認定内科医、日本脳卒中学会脳卒中専門医・評議員、
医学博士
医員
福本 幹仁ふくもと みきと
福岡大学 平成19年卒業
専門分野 神経内科一般
医員
今井 陽平いまい ようへい
日本医科大学 平成21年卒業
専門分野 内科一般
資格 日本内科学会総合内科専門医、JMECC Provider
非常勤医員
三谷 和子みたに かずこ
東京医科歯科大学 昭和59年卒業
専門分野 脳血管障害、パーキンソン病とその関連疾患
資格 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、
日本内科学会認定内科医、身体障害者福祉法第15条指定医
非常勤医員
井口 千夏いぐち ちなつ
杏林大学 平成4年卒業
専門分野 内科一般、放射線診断
資格 日本医学放射線学会認定放射線科専門医
非常勤医員
髙橋 秀輔たかはし しゅうすけ