多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

栄養科

特色

◆病態に合わせた潤いある食事を提供
各病態に合わせた治療食を、医師の指示のもと提供しています。「東京都食品衛生自主管理認証制度」において認証を取得し、衛生管理を徹底、安全な治療食を提供しています。
食物アレルギーや、栄養素の調整が必要な患者さんには、個別の献立を作成し、事故がないよう細心の注意を払って提供しております。
食事は入院中の唯一の楽しみでもあります。手作りを基本とし、行事食やご当地メニュー、選択メニュー、誕生日デザートなどを取り入れ、日々の潤いとなるような食事を目指しています


春の味覚献立

夏カレーのメニュー

ご当地メニュー「東村山黒焼きそば」 

ご当地果物「多摩湖梨」

◆臨床栄養管理
病気や化学療法等の影響により食欲不振の患者さんには、管理栄養士がベッドサイドへ伺い、一人一人に合わせた食事内容にするよう調整しております。病棟においては、管理栄養士が週2~3回、半日程度常駐し、症状の変化に応じてきめ細かく対応しております。

入院前から退院後まで継続した栄養管理を実施していくため、入院前には患者支援センターにおいて食物アレルギーや栄養状態等に関する問診を行い、退院時には必要と思われる方に正確な食事や栄養情報を伝えるための「食事・栄養情報提供書」を発行しています。

「食事・栄養情報提供書」の当院の様式はこちらです。

たまほくオリジナル食事・栄養情報提供書 看護及び栄養管理等に関する情報(2)対応

栄養食事指導実施状況の記載欄を設けるなど、独自の工夫をしています。エクセル形式で掲載しておりますので、ご自由に編集してご活用ください。

◆栄養食事指導
個別栄養食事指導と集団栄養食事指導を行っております。個別指導では、患者さんの病態に合わせ、生活状況を聴き取り、思いを傾聴しながら個々人に合った目標を提案するなど、患者さんがより良い生活を送る手助けになるような指導を心がけております。
エネルギー食塩調整食やタンパク塩分調整食等の特別治療食が医師により処方された入院中の患者さんには、栄養食事指導をできるかぎり行い、退院後の食生活の参考にしていただいております。
また、連携医の先生からご依頼を受け、生活習慣病や小児食物アレルギー等の指導を実施する「地域連携栄養食事指導」も行っております。お申し込み方法は、当院ホームページ「連携栄養指導のご案内」に記載しておりますのでぜひご活用ください。

個別栄養食事指導 平日9時~17時
集団栄養食事指導 糖尿病講習会 毎週木曜日15時~16時
減塩教室 毎週水曜日 13時30分~14時10分

◆チーム医療へ参画
栄養サポートチーム(NST)、褥瘡対策チーム、糖尿病療養指導チーム、感染コントロールチーム(ICT)、緩和ケアチームの一員として、栄養状態の改善、治療効果の向上等を目指し積極的に活動しております。

◆地域連携

【研修事業】

在宅医療や介護に携わる管理栄養士のみなさんを対象に、急性期病院における栄養管理の実際が学べるように、研修事業を行っております。

 研修期間は、原則1日又は2日です。

内容は、臨床栄養管理を中心に、ご希望に沿って組み立てます。

対象地域

北多摩北部地域五市(東村山・清瀬・東久留米・小平・西東京市)

対象資格

医療・福祉機関等の管理栄養士

研修費

 2,000円/人/日

  実施要綱(PDFをご覧ください。

【地域連携の会「-食と栄養でつながる北多摩-お隣会」】

 北多摩北部地域周辺の病院、施設、薬局、クリニック等で働く管理栄養士や保健医療介護関係者等が知り合い、話し合い、お互いにスキルアップすることを目的に、「お隣会」を開催しています。3か月に1回、平日夜の1時間程度です。

これまでは、施設や病院の栄養基準を理解する、経腸栄養剤の種類と特徴について学ぶ、といったテーマで行いました。今後は、褥瘡や摂食・嚥下について、また症例検討も予定しています。

ワイワイガヤガヤと学びあう場です。お気軽にご参加ください。

日時や場所は、下記の連絡先にお問い合わせください。

 連絡先 : 多摩北部医療センター 栄養科 042-396-3811(代表)