多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

ゼヴァリン療法

診療内容

悪性リンパ腫で、再発あるいは治療効果がなかった低悪性度非ホジキンリンパ腫とマントル細胞リンパ腫に対して「ゼヴァリンRによるRI標識抗体療法」を行っています。

特色

この治療は放射性同位元素のついた抗体を投与してリンパ腫細胞にダメージを与えるという治療で、1回限りの治療であり、治療効果は80%で奏効, 64%で完全寛解です。
当院では外来受診で適応を決定した後、前日入院、投与次日退院の10日間の血液内科入院で行っています。血液内科医師・看護師、放射線科医師・技師、薬剤師などの多職種のチーム医療で行います。
従来の治療に比べて治療回数が少なく,血液に対する副作用を除いたその他の副作用は軽度で頻度も少なく,治療効果は同等以上と考えられます。高齢者であっても副作用は成人と同様であり軽度であることが多く、安全に施行できます。化学療法に比べ通院回数が少なくて済む点も利点です。化学療法後の残存する病変に対し行うこともできます。医療施設で放射性同位元素を標識するため施設基準があり、造血器悪性腫瘍の治療及び放射線治療への十分な知識・経験をもつ医師のもとで実施しなければならないため、多摩地区では現時点では当院ともう1か所でのみ行っています。

 

その他

詳細は発売元による「ゼヴァリンによるRI標識抗体療法」の治療を受ける患者さんやご家族の方へ
(URL:http://zevalin.jp/pdf/patient.pdf)を参照してください。

外来診療 月曜日(午前)、水曜日(午後)
※予約の際に「ゼヴァリン療法の相談」とおっしゃっていただき、日程が合えば血液内科本村の外来(月曜日午前、または水曜日午後)をご予約下さい。また、ご紹介いただく前に適応があるかどうか等お気軽に電話でお問い合わせください。
担当医師 血液内科医長:本村 小百合(もとむら さゆり)