多摩北部医療センター「たまほく」

文字サイズ

睡眠時無呼吸症候群外来

当院ではCPAP療法(持続陽圧呼吸療法)による治療を行っています

症状

昼間の眠気・夜間の大きないびき・無呼吸などの症状がみられたら、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

診断

外来でEpworthの眠気度スコア(ESS)を用いた問診と簡単な診察を行います。

単純肥満、ホルモン異常、扁桃腫大などのCPAP療法以外の治療を要する疾患も調べます。

睡眠時無呼吸症候群が疑わしい場合は検査(以下に続く)を行います。

検査

≪睡眠時無呼吸症候群が疑われる値≫

●夜間SPO2モニターによるスクーリング  ODI4%≧4〜5

●簡易アプノモニターによる診断  AHI≧40

治療

●CPAP療法(持続陽圧呼吸療法)

 毎月一回通院を要します。

(Continuous Positive Airway Pressure)



●マウスピース、スリープスプリント

 歯科口腔外科にて作成します。



●耳鼻科的治療・・・当院では行っておりません

外来診療予定 隔週(月2回)木曜日午前
担当医師 田中 佐和子

下記予約受付専用電話にて予約をして頂いたのち、ご来院下さい。

予約専用電話 042-396-3511・3190
予約受付時間 月曜~金曜日 9時〜19時 土曜日 9時~12時

※受診の際、地域医療機関からの紹介状をお持ちの方はご持参下さい。